医療用かつら/ウィッグ専門/an【アン】へのお問い合わせ・ご相談は0120-374-519 受付時間:平日10:00 ~ 18:00 定休日:日曜・祝日

脱毛の基礎知識

  1. 医療用かつら・ウィッグ専門 an【アン】
  2. 抗がん剤治療と脱毛について
  3. 脱毛の基礎知識

抗がん剤で脱毛が起こる理由

抗がん剤投与法には、
直接血管内に抗がん剤を投与する点滴による静脈注射と、
錠剤の飲み薬がありますが、
どちらの薬も血液とともに全身の細胞に運ばれ、
癌細胞に対しての治療をする事ができます。

抗がん剤は、成長の早い細胞を攻撃するように作られていますが、
残念ながら癌細胞だけを狙い撃ちすることができません。
正常な細胞と癌細胞を区別する事ができず、
正常な細胞にも影響を及ぼしてしまう事があります。
これが、副作用の原因です。

最も多い副作用は、吐き気・嘔吐・脱毛・疲労感ですが、
これは骨髄で作られる血液細胞・消化器の細胞・生殖器の細胞・毛根細胞が成長の速い細胞に含まれる為です。

抗癌剤治療における副作用の症状

抗癌剤治療における副作用の症状としては以下のようなものがあげられています。

  • 下痢症
  • 便秘
  • 手足のしびれ
  • 嘔吐
  • 脱毛
  • 疲労感
  • 感染
  • 血液凝固
  • むくみ
  • 風邪のような症状
  • 皮膚と爪への影響
  • 口や歯ぐき、のどの問題
  • 貧血
  • 吐気

しかし、全ての副作用が起こるわけではありません。
副作用が起きるか、どのくらい強いものなのかというものは、
どのような薬を使うか、
薬に対してどのくらい体が反応するかにもよってきます。

どのような副作用が起きやすく、どの程度のものなのか、
どのくらい続くものなのか、主治医の先生に充分な説明を受けて、
症状がつらい時などは主治医や看護師に必ず相談しましょう。

ワンポイントアドバイス

抗がん剤治療が始まってからあわてないためにも、治療の前から副作用による脱毛対策をして、
まず心の準備をしておくことが大切です。

自毛デビューまでの流れはこちらから

上記では、治療前の準備・治療中のケア方法・投与終了後のアドバイスまで詳しくご説明させて頂きます。
是非ご参考にして下さい。

お問い合わせ/資料請求・ご予約はお気軽に

フリーダイアル 0120-374-519 受付時間:平日10:00 ~ 18:00 定休日:日曜・祝日

お問い合わせ・資料請求

ご来店のご予約

ページのトップへ