医療用かつら/ウィッグ専門/an【アン】へのお問い合わせ・ご相談は0120-374-519 受付時間:平日10:00 ~ 18:00 定休日:日曜・祝日

スタッフコラム

  1. 医療用かつら・ウィッグ専門 an【アン】
  2. スタッフコラム
  3. ウィッグの静電気対策!

ウィッグの静電気対策!

静電気対策

関連記事⇒【ウィッグの絡みの解消法

 

 

ウィッグの静電気対策!

 

夏が終わり冬が近づくにつれ気になってくるのが、乾燥などによる静電気です。

 

 

静電気はなぜ起きる?

 

静電気

静電気とは物と物がこすり合って発生する摩擦帯電というのもが原因で発生致します。
洋服や髪の毛など、人は常に何かに触れているので帯電しやすいです。
また、摩擦以外では物を離れる際に発生する剥離帯電いう物もあります。

 

簡略的に説明すると・・・
・摩擦帯電(歩行の際衣服が擦り合う、下敷きで頭を擦るetc)
・剥離帯電(マフラーを外す、ビニール袋が手から離れないetc)

 

このような原因から静電気が発生し放電しても、人はまた摩擦を繰り返すので、すぐに帯電します。

 

 

 

 

静電気が起きないようにするには?

 

防止をする程度で全くゼロにすることはなかなか難しいようです。
・乾燥した空気中では電気が流れにくくなっていること
・静電気の起きやすい素材の衣服を身につけていること

 

 

こちらが主な原因となります。
なるべく部屋を加湿する、肌の保湿(手や首)、手を洗ったりうがいをマメにすること等が主な対策となります。

 

 

 

 

ウィッグの静電気の原因とは?

 

 

先述したのは日常生活の静電気。

ではウィッグの静電気の原因は?

 

 

主に毛先が洋服と擦れることであったり乾燥などで静電気が起こるとされています。
静電気は悪いのか?静電気が起きるとどんな影響があるのか?

 

 

それは…
・絡み ・毛が縮む(チリチリする) ・傷みが進む
こういった問題はウィッグの寿命を縮める大きな原因となります。
放置をしてしまうと実際の寿命よりもぐんと短くなってしまう可能性があります。
最悪の場合使用が不可能になるかも知れません。

 

 

 

ウィッグの静電気対策!

 

 

ここで普段のケアにひと手間加えることで対処が出来ちゃいます!

 

 

①毎日のブラッシングをしっかりする
ご使用後のお手入れとして毎日しっかりブラッシングして頂いていると思いますが、
より丁寧に丹念に行いましょう!
金ブラシが静電気を取り除いてくれる役目も担っているため全体を整えるだけでなく
静電気を逃がす意味での全体のブラッシングを心がけましょう。

 

ブラシ

 

 

②トリートメントをする
乾燥により静電気が起きやすくなるため定期的にサロンへお持ちいただきトリートメントを施すと
保湿力がアップし静電気を一時的に抑える効果があります。
(ご自宅でのシャンプーの際にトリートメントに長く漬けるetc)
※トリートメントの量を増やすとベタつきの原因となり返って傷みが進みますのでご注意ください。

 

 

③静電気防止剤をつける
市販されている静電気防止スプレーを普段ブラッシングで使用している金ブラシに吹きかけます。
そのまま全体をブラッシングしていくと満遍なく全体に防止剤をつけることが出来ます
また、直接吹きかけますと静電気防止剤は基本油性であるためベタつきの原因となり汚れが付着し
油性のためシャンプーなどではなかなか洗い流す事が出来なくなるため、なるべく金ブラシに吹きかけて下さい
(弊社では静電気防止剤というものを販売しておりませんので市販の物をご使用下さい。)

 

 

また、静電気防止剤を直接ウィッグに吹きかけず、お洋服の襟に一振りしてて頂くのも効果的なので
ウィッグに付けるのが不安な場合はまずお洋服に吹きかけて頂くことをお勧めいたします。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。
その他ご質問等御座いましたらお客様相談室にてご返答させて頂きます。
いつでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

お問い合わせ/資料請求・ご予約はお気軽に

フリーダイアル 0120-374-519 受付時間:平日10:00 ~ 18:00 定休日:日曜・祝日

お問い合わせ・資料請求

ご来店のご予約

ページのトップへ