医療用かつら/ウィッグ専門/an【アン】へのお問い合わせ・ご相談は0120-374-519 受付時間:平日10:00 ~ 18:00 定休日:日曜・祝日

スタッフコラム

ウィッグの試着や性質などの豆知識をご紹介!

  1. TOP PAGE
  2. スタッフコラム
  3. ウィッグのカットを美容院で行ったほうがいい理由

ウィッグのカットを美容院で行ったほうがいい理由

 

輪郭に合わせて髪の長さを変えるなど、ウィッグをカットしたいケースもありますよね。

 

着脱できるウィッグは、自分でのカットも簡単と思われがちですが、実は医療用ウィッグのカットこそ経験豊富なサロン(美容院)にお任せすべきなのです。
医療用ウィッグのカットをサロン(美容院)で行ったほうがいい理由とはどのようなものでしょう? よくある理由をまとめてみました。
ウィッグのカットは失敗がごまかしづらい!

 

「頭の後ろやてっぺんに手が届きにくい自分の髪のカットは難しくても、着脱可能なウィッグなら自分でできるかもしれない!」こんな考えでウィッグをカットする人がいるようですが、実はおすすめできません。

 

頭皮全体に満遍なく毛根がありバランスよく毛が生えている自毛と違い、ネットに人毛や人工毛の毛束を植毛したのがウィッグです。切りすぎると毛の隙間からネットが見えてしまうケースもあり、不自然な仕上がりになってしまうことも。

 

失敗しても時間が経てばまた髪が伸びてくる地毛と異なり、ウィッグは一度切りすぎてしまうともう二度と毛が伸びることはありません。ウィッグのカットでは、失敗してしまうと取り返しがつかないことになってしまうため、プロの手にカットを委ねるべき最大の理由がここにあると言えます。

 

 

サイズやスタイルの微調整もプロにお任せ

 

着用時の自然さを追求するなら、ウィッグのサイズやスタイルと輪郭のバランスを細かく調整する必要が出てきます。こうした細かい調整には、経験豊富なプロの知識や技術が欠かせませんが、素人の作業では技術にも限界があります。

 

そのため、カットと同時に毛量のサイズを合わせたり、スタイルをその人に似合うものに調整したりといった微調整も行えるプロのサロン(美容室)にお任せするのが正解なのです。

 

また、ウィッグは実際に着用した状態とそうでない場合とではスタイルが大きく変わることもあるため、カットの際にはできるだけ着用した状態でカットをお願いできるサロンを探すようにしましょう。ウィッグを着用した状態でサロンを訪れ、地毛を切ってもらう感覚でカットしてもらうのがベスト。

 

 

購入時のサロンに相談するのが最善

 

ウィッグに詳しい専門サロンなら、ウィッグの所有者が持つさまざまな悩みやトラブルにも対応してくれます。特に、購入時のサロンは商品について知り尽くしているため、ウィッグをよりよく使いこなすヒントを教えてもらうこともできるでしょう。

 

また、販売サロン以外の場所でウィッグをカットしてしまうことで、万が一ウィッグを返品したいと思ってもできなくなることも。

「前髪を少し短く」程度のほんの少しだけカットする場合は自分で行ってしまいたくなることもあるかもしれませんが、スタイルに関わるカットは必ず購入時のサロンに相談してからにしましょう。

 

顔型やスタイルに合わせてカットすることで、「より自分に似合った」オーダーメイド感覚のウィッグを手にいれることが可能になります。プロの知識と技術を生かしたカットで、あなただけのベストウィッグを手に入れましょう。

 

 

ウィッグはどれを買った方がいいの?

 

ウィッグの試着で確認するポイント

お問い合わせ/資料請求・ご予約はお気軽に

フリーダイアル 0120-374-519 受付時間:平日10:00 ~ 18:00 定休日:日曜・祝日

お問い合わせ・資料請求

ご来店のご予約

ページのトップへ