医療用かつら/ウィッグ専門/an【アン】へのお問い合わせ・ご相談は0120-374-519 受付時間:平日10:00 ~ 18:00 定休日:日曜・祝日

スタッフコラム

ウィッグの試着や性質などの豆知識をご紹介!

  1. TOP PAGE
  2. スタッフコラム
  3. ウィッグを使って小顔に見せよう

ウィッグを使って小顔に見せよう

関連記事⇒【 小顔に見えるメイクと服装の選び方のポイント

 

髪型を変えることで、全体のスタイルや印象を大きくチェンジすることができるように、ウィッグでも同様の効果を得ることが可能に。

輪郭をシャープに見せたり、小顔に見せたりといったことを、ウィッグで実現することができるのです。

 

では、小顔に見せるためには、どのようなウィッグを選んで、どんな装いにするのが良いのでしょうか?

小顔効果のあるウィッグの活用法について、具体的に考えてみましょう。

 

 

「小顔に見せるウィッグ」の決め手は前髪!

 

女性の顔の印象を大きく左右する髪型。

中でも前髪の長さや横幅は、小顔に見せる効果があったり、逆に顔を大きく見せたりと、顔全体に大きな影響を与えるものです。

 

小顔効果を狙う場合には、「前髪は長めにする」のが基本。

前髪を長くすることで、顔の縦長ラインが隠れるため、小顔に見えるのです。

 

また、サイドの髪で縦のラインを強調し、輪郭を隠すようにするのもポイント。

サイドの毛束にボリュームを持たせることで、顔の印象を小さくするのです。

 

最近では、従来のものより前髪の横幅を狭めた「小顔用」のウィッグも開発されているので、気に入ったものがないかどうか探してみてくださいね。

 

 

小顔に見せるヘアスタイルのポイント

 

ヘアスタイルを工夫することで、小顔に見せることは可能です。

ウィッグを選ぶ際には下に挙げたポイントに気を付けて、顔をできるだけ小さく見せてくれるウィッグを選ぶようにしましょう。

 

・前髪の横幅は狭め、長さは長めで

前半でも紹介した通り、小顔に見せる効果を発揮する前髪は、「横幅が狭め、長さは長め」がポイントです。

前髪の横幅が狭いウィッグを選び、カットする場合も長さを残して、目の上のラインぎりぎりあたりに揃えるようにしましょう。

 

・頬骨からあご先までの毛先に遊びを持たせる

小顔ヘアの鉄則は、サイドの髪は下ろすこと。

小顔に見せたい場合は、アップやハーフアップといったサイドの髪を上げるヘアスタイルは極力避け、サイドの髪を下ろすように心掛けましょう。

そして、サイドの毛先を頬骨からあご先あたりでカールさせて遊ばせることで、視線が自然と輪郭から離れ、小さな顔の印象を与えることができます。

 

・ダークカラーで輪郭を引き締めて

カラーリングで髪色を引き締めるのも、小顔効果を発揮するテクニックです。

カラーは暗めのダークカラーを選びましょう。髪の色が濃くなるだけで、輪郭がキュッと引き締まったように見えるはずです。

 

・全体のバランスは「ひし形」が理想

顔の形や髪質、カールの有無などによっても異なりますが、小顔効果を狙うなら、ヘアスタイル全体のバランスは非常に重要。

全体のシルエットが「ひし形」になるように、トップに高さを出し、毛先のボリュームは抑えめにするのが基本です。

 

 

 

頭のサイズ、顔の大きさなどは、変えることはできませんが、ヘアスタイルに気を使うことで、できるだけ顔を小さく見せることは可能です。

ウィッグを使うことで、小顔効果だけでなく簡単にイメージチェンジもすることができます。

 

ここで紹介したポイントを踏まえて、自分に似合う小顔ウィッグを探してみてください。

 

 

ウィッグの毛質の違い

ウィッグのサイズ調整

お問い合わせ/資料請求・ご予約はお気軽に

フリーダイアル 0120-374-519 受付時間:平日10:00 ~ 18:00 定休日:日曜・祝日

お問い合わせ・資料請求

ご来店のご予約

ページのトップへ